お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年12月14日

11380:清澤眼科医院2019年の10大ニュース

清澤眼科医院では昨日12月13日の診療終了後、知り合い等も広くお誘いして忘年会を行いました。その中で発表した清澤眼科医院2019年の十大ニュースです。

  • 1)2019年は前年からの大量離職者と、枢要な人材(大森、荒川)の勤務時間短縮を受けて困難な第一4半期が始動しました。次の大きな躍進へのあしがかりとするためには、この「尺取り虫の縮小」にも意味があります。
  • 2)多くの入職者を得て、新たな気風も涵養されました。職員が満足感と達成感を持てる職場の構築は以前からこの医院の大きな目標です。1月… 看護師:渡辺清美さん、3月… 事務 松浦史央里さん、5月… 事務 田中里奈さんが入職しました。
  • 3)午後の診療時間変更 :旧:15:30 ~19:00→ 新:15:00 ~18:30 まで。午後が遅いと職員には負担が大きいと認識しました。この時間短縮は幸いにも患者数の減少は招いてはいないようです。
  • 4)日立メディカルコンピュータ社のレセコンの入れ替え:中村さんが大活躍してくださいました。11月から稼働しています。
  • 5)6-8月… ボトックス外来を開始、月火曜の午前に清澤が3診に移動しました。より詳しくボトックス患者さんと話せるようになりました。
  • 6)ホームページの刷新:黒木さんの活躍で、ライブドアブログから自前のサーバーに移転しました。ページビューはいったん低下しましたが、動画への陸などの効果もあり、現在は一日平均6000PV程度で踏みとどまっています。予約ページもそれなりに動いています。質問箱の稼働は今一つですから工夫を要します。
  • 7)ユーチューブ撮影およびその放映開始。世の中は、従来のブログから動画に大きく動いています。小さな一歩ですが、今後は大きな集患者力を発揮することを期待しています。
  • 8)米軍退役軍人検診:米国政府の予算年度の端境期のため8月末から9月に、一時受診者が途絶えましたが再開しています。競合する都内の他医院も開始したと聞いています。VAS米国本部の加藤さんが11月に2度目の来訪をされました。
  • 9)学会活動、出版活動、:院長だけでなく、日本神経眼科学会および視能訓練学会に職員が発表のために出席しはじめました。予算措置等必要ですが、今後もプロモートしてゆきたいと思っています。
  • 10)院長清澤はステークスホルダー (利益共有者) という言葉が好きです。今年流行ったワンチームにも繋がる言葉です。今年も大過なく診療を終了できそうなことに関して、職員、納入等の関連業者、そして患者様ほかの当医院のステークスホルダーの皆さまに感謝します。

今年もあと2週間、清澤眼科医院では更に充実した診療をしてゆきたいと思います。

Categorised in: 清澤眼科医院通信