お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年5月6日

9831:南砂町近辺の変貌を見てきました。

20180506095733医院の南500メートルにある新砂のぞみ公園。2組の親子と、ガードマンの小父さんのんびり連休最後の日で日向ぼっこしてました。確かに周りには全く何もなし。

ebd4376fかつてここには大三製鋼という電炉で屑鉄から鋼材を作る工場が立っていました。写真は2015年の解体工事中のもの。

20180506152553

本日夕刻に、東側のマンションの最上階からこの空き地を写してみました。右にあるのが長谷工の自社ビル、その右下にわずかに緑の屋上が見えるのが清澤眼科です。都の保留地の向こうに広大な工事現場が見えています。向こうには東京タワーを含むの摩天楼(スカイスクラッパー)がみえます。)

20180506095603

目の前には広大な空き地。大三製鋼の跡地です。向こうにはヨットハーバーのクルーザーが見えています。

20180506095420

広大な敷地の向こうには、明治通り西側に物流倉庫が立ち並んでいます。その高さは、ざっと数えて7階。

さて問題は何を作ろうとしているのか?

広大な空き地です。駅からも至近距離ですし、タワーマンションでしょうか?

答えは、物流センターだそうです。3月に工事開始で2年かけるようです。高さは7階建て。建設は石川島播磨重工業(株式会社IHI)と佐川急便(SGリアルティ)の合同のようです。大三製鋼跡地を佐川が買い取り、明治通り沿いに以前から小型船舶用造船所(IHI化工機)で土地を持っていたIHIとの間にあった運河を埋め立てて、一塊の土地に仕立てた模様。建物の延べ面積は176400平米と巨大なものになっています。出入り口はきっと明治通り沿いに置くのでしょう。

20180506095234

さて北を見ますと広大な都の保有地の向こうで中央にそびえたのが完成まじかの長谷工の自社ビル。

さらに右はグランエスタマンション。左後方の高いのは東京メトロが立てた賃貸住宅。

その手前の2階建て低層建築が我が清澤眼科の入っているアルカナール(家主はIHI都市開発事業部)。

その手前にはセブンイレ20180506094605ブンとさらに右にはマクドナルドが見えています。

20180506094657

左に目を転ずるとヤマダ電機とその向こうにアシックスが少し前に建ちました。手前の低層ビルは紳士服のアオキとサイデリアが入っており、その右の一階にはリウマチ科と皮膚科が入っています。

20180506094740目を右に転じればグランエスタから連なる3棟の20階建各700室のマンションが永代通り沿いに並んでいます。

駅前広場他の工事はまだまだオリンピック開始後まで続くようです。

今日は天気が良かったので少し散歩をしました。この辺りどんどん変わってゆくさまが見て取れました。

----

佐川急便グループのニュースリリースは昨年すでに公表されておりました。

(新しいウィンドウが開きます)SGリアルティ株式会社 ウェブサイト
http://www.sg-realty.co.jp/

ニュース 2017年

【佐川急便、SGリアルティ】大型物流施設の共同開発事業について(2017/10/27)

SGホールディングスグループにおいて不動産の賃貸・管理・開発事業を展開するSGリアルティ株式会社と、株式会社IHIは、東京都江東区新砂において、共同で物流施設の開発事業を行ないます。
昨今急激に増加する物流ニーズに応えるため、IHIが工場跡地として保有している土地の一部と、SGリアルティが開発用地として取得した土地をあわせた約74,000m2の土地を活用し、床面積約176,000m2を有する大型物流施設を建設します。
この大型物流施設は、全国への輸送ネットワーク網のさらなる効率化を目指す佐川急便株式会社の中継センターと、1フロアあたり約30,000m2の都心近接型の賃貸倉庫によって構成される予定であり、物流サービスに対する社会的ニーズにきめ細かく応えてまいります。

施設概要

立地

本施設は佐川急便ほか物流配送センターが点在する江東区新砂に立地しており、首都高速湾岸線「新木場IC」より約3.3kmに位置し、首都圏・都心部への物流配送はもちろん、各地方への物流配送の拠点としても最適です。また、東京メトロ東西線「南砂町駅」より徒歩4分で通勤アクセス、労働力確保においても良好な環境です。

建物概要

本施設は地上7階建て(倉
庫棟:4階建て/事務棟:7階建て)で、倉庫棟の1・2階に佐川急便の中継センター、倉庫棟の3・4階に賃貸倉庫を配置し、シナジー効果のある高付加価値の物流施設として運用します。

その他

屋上緑化、壁面緑化を導入し、周辺環境への配慮、景観、環境負荷の低減に貢献します。また、周辺の交通環境に配慮し屋上には大型車対応駐車場を約300台配置します。加えて、労働環境の改善のために、長距離ドライバー用の仮眠室を、また省人化に向けて自動化された搬送機器を設置します。

佐川急便が目指す新世代中継センターの方向性

中継センターの役割

今回新設する中継センターは、佐川急便の全国インフラの新たな中心地、安定した輸送ネットワークの重要拠点になります。関東圏内の輸送網を再構築することでこれまで以上の集約効果が見込まれます。既存の中継センターを本施設に集約することで営業所での方面仕分の簡素化を可能とし、都心のトラック交通量の低減による環境負荷軽減と発送時間の短縮につながります。また、処理能力の高い搬送機器の導入との相乗効果で配送にかかる時間がこれまで以上に短縮されるとともに、荷物を確実にお届けし高品質な配送サービスを提供します。繁閑の物量波動にも対応できるスペックを有し、安定、かつ高品質な輸送インフラにより顧客満足度の向上を図ります。
昨今の荷物量の増大に対応することで社会のニーズに応え、中長期的持続可能な社会の発展に寄与してまいります。

労働環境の改善

折からのドライバー不足、将来的な少子高齢化は、物流事業者にとって大きな課題となっています。本施設に導入される搬送機器や、仮眠設備などの充実したアメニティ、大型中継センターの施設規模がもたらす集約効果により、構内作業の自動化・省力化や幹線輸送ドライバーの待機時間の短縮を図り、労働環境を改善することで社会の課題の解決につなげていきます。

建物基本情報

(仮称)新砂2・3丁目計画
所在地 東京都江東区新砂2-625-27他、3-2-5他(地番)
敷地面積 約74,000m2
延べ床面積 約176,000m2
構造・規模 鉄骨造・地上7階建(倉庫棟:4階建て/事務棟:7階建て)
竣工 2020年8月(予定)
  • ※今後建物概要については変更の可能性があります。

Categorised in: 清澤眼科医院通信