お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年12月20日

6126:2014年清澤眼科医院 10大ニュース

2014年清澤眼科医院 10大ニュース
今年もお世話になりました。
BlogPaint
本日、恒例の清澤眼科医院大忘年会を開催し、その場で2014年清澤眼科医院10大ニュースを発表しました。少しくどいですけれど、私見を交えて当医院の今年一年を振り返ってみます。

清澤眼科医院 10大ニュース その1,
1月:新年早々、レーシックの是非が問われました。
わたくしは「慎重派」として発言しましたが「積極派」の坪田先生 とはその後もミーム実証実験などで仲良くして頂いております。

図1
図2

清澤眼科医院 10大ニュース その2,
2月:大雪が2回
図3バレンタインデーは大雪。 今年は大雪2度。台風一度で事業継続計画(BCP)を3回発動し、嵐精勤手当を支給しました。

図4子供に頼まれたバレンタインの加工用チョコレートを雪の中で苦労して買って帰りました。

図5。院内では、盲導犬への募金も継続しています。

清澤眼科医院 10大ニュース その3;かづきれいこ先生に関わる条々
図6

友の会で内容を紹介された「かづきれいこ」先生のセッションをサービスとして医院で導入し、無料での講習を提供し始めました。
 
3月:リハビリメイクを眼瞼痙攣治療に導入開始。
BlogPaint

12月:神経眼科学会ではポスター発表にこぎつけました。

けいれん友の会
来年3月には眼瞼けいれん・片側顔面けいれん友の会での講演も予定されています。
第12回「眼瞼・顔面けいれん友の会」例会
・2015年3月7日(土)興和創薬ホール
・ゲスト講演者 かづきれい子先生

清澤眼科医院 10大ニュース その4 今年の花粉症は少なかったです。治験への参加開始
図8
アレルギー性結膜炎と緑内障の治験に新赤坂臨床検査センターの治験コーディネーターに助けられ参加を開始しました。
治験に参加した患者さんにも喜んでいただけたことでしょう。
Kさん、Sさんありがとうございました。
 

清澤眼科医院 10大ニュース その5 近視治療のオルソケラトロジー法を本格的に導入しました。
図9オルソレンズを角膜に乗せフルオレセインで染めると周辺部と中央部だけが触れて、その間にリング状の涙液が溜まった部分が見えます。フィット良好ならこのようにドーナツ状です。

多くの患者さんがこの方法を始めました。 立ち上げから指導いただいたユニバーサルビュー社のSさん、Wさんに感謝いたします。ユニバーサルビュー社は、もともとソニーの関連会社であるM3社の資本も取り入れている新進気鋭注目のベンチャー企業です。その販売するナイトレンズの製造元は信頼性の高い東レです。
 筑波大学や慶応大学をはじめいくつもの大学が取り組んでおりますから、私はこの方法が今後日本の眼科医療の中で急速に広まると予測しています。そんな訳で、親しい先生には機会があれば、その導入をお勧めしています。しかし、私は角膜やコンタクトレンズの専門家ではなく町のコンタクトレンズも扱うという眼科医なので、その先駆けとしてではなく、みんなが着目したときにはすでに始めていたという線でよかろうかとゆったり構えています。
図10角膜の形状を見る角膜トポグラファーも昨年末に購入(2013.10)しました。これがあれば、円錐角膜などで見られる角膜の不正乱視もよくわかります。

清澤眼科医院 10大ニュース その6:眼瞼痙攣の治療と研究が進み国際眼科学会にも演題を提出しました。

図12国際眼科学会が4月に行われ、甲府共立病院加茂純子先生との共同演題を提出できました。そのデータの多くは当医院の視能訓練士たちで収集しましたが、視覚の質に関する造詣の深い加茂先生に1)プロトコール作成、2)倫理委員会通過をお願いし、3)そのデータ解析をお願いするという作戦を実践いたしました。この学会では、3人の海外からの眼科医(フィラデルフィア、シカゴ、アンカラ)が 当医院を訪問してくれ、私も職員も励まされるところ大でした。
図11

これはPPCクリック課金広告のためのバナーです。ワンゴジュウゴ社で作っていただき月に10万回くらい掲示されています。

清澤眼科医院 10大ニュース その7薬剤性眼瞼痙攣の英文論文が公表されました。

図16
図15

1-s2_0-S0306452214X00059-cov150h
6月:薬剤性眼瞼痙攣の論文がNeuroscienceに出ました。最初に投稿してから10年もかかりましたが、薬剤性眼瞼痙攣と、原発性眼瞼痙攣がもともとは同じ疾患のスペクトラムであるという説を唱えたものです。その論文が出たことは、こちらからの働き掛けもあって、読売新聞の記事にも取り上げられました。これを見て受診して下さった患者さんも多数おいでになりました。

清澤眼科医院 10大ニュース その8 
図17図18

8月:院外にある院長室兼倉庫を借家期限が切れるのを機会にグランエスタに移転しました。グランエスタ屋上からの景色は抜群です。
眼下に清澤眼科医院の入っているアルカナール南砂の鉄骨2階建ての建物が見えており、遠景には左からレインボーブリッジ、東京タワー、そして右端には東京スカイツリーまでの東京の摩天楼が見えます。医院前の駅前広場では南砂町駅の線路を3線にする工事も進行中です。

清澤眼科医院 10大ニュース その9 ◎日刊ゲンダイ(新聞)や眼科従業員向け雑誌の眼科ケアに数多くの記事
図19図20

◎神経眼科外来(石川弘先生)など特殊外来の拡充が図れました。網膜硝子体(寺松先生)では網膜光凝固が行われるようになりました。緑内障外来では従来の木村充先生に加えて、東北大学の後輩の西尾先生が毎週月曜午前に緑内障外来の枠を作ってくださり、緑内障外来の枠は随分増やすことが出来ました。

◎日刊ゲンダイ(新聞)や眼科従業員向け雑誌の眼科ケアに数多くの記事を書かせてもらいました。殊に日刊ゲンダイでは井上記者、松本記者が聞き取りで記事を書いてくださり7月から9月にかけて毎週火曜日で17回の連載になりました。

清澤眼科医院 10大ニュース その10 職員が増え面積も大きくなりました。
図22
床面積は開業時の3倍超です。当医院は分院を作らず、10年かけて規模の拡張と陣容の拡大を図ってきました。
【入職者】
古堅    4月
遠藤    4月
本間    4月
ラーマン  6月
矢代  10月
入谷 12月

図23

清澤12-2-0

清澤眼科医院 10大ニュース その番外
図24
番外はアリゾナ州フェニックスにあるVES(米軍退役軍人の健康評価をする会社)からの依頼を受けて週に2人程度の米国人退役軍人の診察を始めたことを紹介しておきましょう。

 世に知られているのは、「退役軍人病院で診療待ちの患者40人が死亡した際に重要な役割を果たした可能性がある秘密の順番待ちリストに関する詳細が報道され、オバマ大統領によって日系のシンセキ大臣が罷免されました。(5月31日)」これに先立って当医院にリクルーターのK嬢から電話がかかって来て、「日本に居住する退役米軍軍人の眼科疾患を評価するという仕事を新たに引き受けてくれないか?」と問われました。
 自分が日本の免許を持つ医師であること。米国での診療経験があること、そして当医院がバリアフリーの条件を満たしていることを証明して見せてからネットでの講習を受けて、この健康診断は開始されました。

Subject: Dr. Motohiro Kiyosawa; OPTH and Web Portal Training Date: Wed, 28 May 2014 10:03:49 +0900 というメールが残っており、この交渉が米国での大臣罷免の少しだけ前であって、アメリカ政府も検診の遅れを解消しようと努力していたことが分かります。

図21
この図はこの仕事での重要な役割である通訳の仕事を担当してくださることになったバングラデッシュ人医師のラーマンさんが担当し、他の仲間の助けも借りながら作り上げた第52回日本神経眼科学会(12月)提示の皮質盲のポスターです。ラーマンさんは検査員と日本語のわからない(評価を受ける)人の間をつないでくれています。

Categorised in: 清澤眼科医院通信