お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年8月8日

13033:白内障の手術は「何やらキラキラしていると思っていたら、あっという間に終わっていた」【中原医師の解説を採録】:

清澤のコメント:清澤眼科医院では新理事長兼新院長に志和先生を招聘して、手術室を建設し、また手術に必要な各種の最新装置も導入して、8月末から白内障手術を開始しています。内科的な確認も隣の大澤クリニックや患者さんの主治医にお願いします。今日は、この白内障手術を解説した優れた記事が出ていましたので抄出して採録させていただきます。2021年8月6日  幻冬舎ゴールドオンラインから

(※写真はイメージです/PIXTA)

白内障の原因は様々ですが、加齢による白内障は早くて40代から発症し、80代ではほぼ全員がかかるとされています。白内障は進行性の病気で、手術以外に白内障を改善させる方法はありません。ーー白内障手術では何をするのでしょうか? 

手術前の「問診・検査」が手術のクオリティを左右

白内障の手術では、まず術前に問診と必要な検査を行います。そして見え方の状況や、眼鏡やコンタクトを使用しているか、これまでの病気の有無、健康状態などについて詳しく医師に伝えます。

最近では精度の高い機械が普及したことから、気軽に受診される方も増えましたし、手術を始めるクリニックも増えています。そのため、簡単な診察だけで済ませるようなクリニックもあるようですが、より良い視力を取り戻すためには、視力や白内障の有無を調べることはもちろん、白内障以外の病気(高血圧、アレルギー、糖尿病など)をもっていないか、目の病気やけがをした経験(既往歴)はないか、使用中の薬などについても確認しなければなりません。眼底や視神経にほかの眼科の病気が隠れていると、手術がうまくいったとしても視力が出ない場合があるからです。

白内障以外に問題がなければ、患者さんの希望や生活スタイルに合わせてレンズの種類を決めていきます。レンズの度数を決めるには、屈折検査、角膜から網膜までの距離(眼球の長さ)を測る検査などを行います。検査データを正確に取れないと、手術の精度が落ちてしまうくらい、大切な検査となっています。

<白内障の術前に行う主な検査>

屈折検査、視力測定…近視・遠視、乱視などの目の屈折度を測定します。

細隙灯顕微鏡検査…白内障の濁りの程度や核の硬さなど、目の各部の状態をチェックします。

眼底検査…網膜や血管、視神経の状態を調べる検査です。

●眼圧検査…緑内障や高眼圧症のリスクを調べます。

●眼軸長測定…使用する眼内レンズの種類や度数を決定するために、目の長さを測ります。

●角膜形状解析検査…角膜に異常な乱視がないかを調べる検査です。

白内障手術は「縫わなくていい手術」が主流

手術当日は、目を消毒し、麻酔をしたあとに手術が始まります。

白内障の手術で現在最も多く行われているのは、「超音波乳化吸引術」という手術です。基本的には次のようなプロセスで進めます。

**************

1.まばたきをしないように、専用の器具(開瞼器)でまぶたを押さえる。

2.局所点眼麻酔をしたあとで、角膜の端を2mmほど切開して手術器具を挿入し、水晶体を包んでいる袋(前嚢)を切開する。

3.水晶体核に水を流し入れながら超音波を当てて濁った核を砕き、砕いた核と皮質を吸引して取り除く。

4.眼内レンズを折りたたんで残った袋に挿入する。レンズについている支柱が広がって固定される。

**************

白内障手術の疑問…「痛み」や「所要時間」は?

<白内障手術は痛くないのか?>

手術中に痛みはほとんどありませんので安心です。執刀医が目を見る顕微鏡には照明がついており、これが患者さんには結構まぶしく感じられると思います。

<眼内レンズに「使用期限」はあるのか?>

手術では、直径5.5~6mmほどの眼内レンズを、固定します。不具合がない限りは、一度入れた眼内レンズは一生使い続けることになります。

<白内障手術にかかる時間は?>

一般的に白内障手術は20分程度といわれています。手術が正確であることはもちろん、手術時間を短くすることが目へのダメージを減らします。白内障手術では、手術時間と医師の技術力が、手術後の感染症や炎症の危険性を左右します。

「一般的な白内障手術」が行えない…難症例の手術方法

患者さんの目の状態によっては、超音波乳化吸引術が行えない場合があります。(対応は、担当医にご相談ください。)

(この記事の記載内容は、以前東京医科歯科大でご一緒させていただいた中原 将光 中原眼科 院長の記載を短縮採録させていただきました。なお最近では、自己負担のない多焦点眼内レンズ(コンフォート)というもの出てきており、当医院でも志和先生が患者さんを選んで使用を始めています。この白内障手術を手掛け始めたのがこの一年の当医院の進歩です。)

Categorised in: 白内障