お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年12月24日

12523:12月24日:今年ももう僅かです クリスマスツリー白内障

AAOのページから引用:69歳の男性が、関連する病歴のないかすみ目を訴えました。 彼はまた、3年前に、新しい眼鏡レンズを入手する必要があるといわれました。 スネレン視標によって決定された彼の最も矯正された視力は、両眼で20/25(0.8相当)でした。 写真は、左レンズの多色で反射率の高い針状の不透明度を示しています。 クリスマスツリー白内障(iridescent dust cataract )は、通常、特発性または筋緊張性ジストロフィーに関連しています。 白内障は視力の有意な低下を引き起こさなかったため、手術せずに進行を監視しました。

筋緊張性ジストロフィーには思い出があります。①Arch Ophthalmol  1984 Jan;102(1):88-93. doi: 10.1001/archopht.1984.01040030072039. Ciliary and retinal changes in myotonic dystrophy S Hayasaka, M Kiyosawa, S Katsumata, M Honda, S Takase, K Mizuno ②Retina 1993;13(2):129-35. Retinal changes in myotonic dystrophy. Clinical and follow-up evaluation Y Kimizuka M Kiyosawa, M Tamai, S Takase

クリスマス とは Wikipedia

教会暦における降誕祭の日付の概要。教会暦の一日は日没から始まり日没に終わる。12月24日の日没からクリスマスが始まり、12月25日の日没にて終わる。従って24日の昼間は「クリスマスイヴ」ではなく、24日の日没以降がクリスマスイヴである。

新約聖書には、イエス・キリストの誕生日を特定する記述は無い。 イエスがヘロデ王の代に、ユダヤのベツレヘムでお生れになったとき、見よ、東からきた博士たちがエルサレムに着いて言った、「ユダヤ人の王としてお生れになったかたは、どこにおられますか。わたしたちは東の方でその星を見たので、そのかたを拝みにきました」。— マタイによる福音書第2章第1・2節(口語訳聖書)恐れるな。見よ、すべての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える。『きょうダビデの町に、あなたがたのために救世主がお生まれになった。このかたこそ、主なるイエス・キリストである。あなたがたは、幼な子が布にくるまって飼葉おけの中に寝かしてあるのを見るであろう。それが、あなたがたに与えられるしるしである。— ルカによる福音書第2章第10~13節(口語訳聖書)』

クリスマス(12月25日)は、「降誕を記念する祭日」と位置づけられているのであって、「イエス・キリストの誕生日」とされているのでは無い。イエス・キリストが降誕した日がいつにあたるのかについては、古代からキリスト教内でも様々な説があった(例えば3世紀の初め頃には、アレクサンドリアのクレメンスは5月20日と推測していた)。

キリスト教圏では、クリスマスには主に家族と過ごし、クリスマスツリー(常緑樹で、一般にモミの木)の下にプレゼントを置く。プレゼントを贈る気持ちである「」の日でもある。

Categorised in: 白内障