お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年11月21日

10285:スペキュラーマイクロスコープを医院に導入

スペキュラーマイクロスコープを11月19日月曜日、医院に導入しました。

レーザー手術を含む眼内手術前後の内皮評価に用います。

  • 撮像は:コーナンスペキュラーマイクロスコープXⅢ 株式会社コーナン・メディカル

使用目的:角膜内皮細胞像を電子映像として撮影するとともに、角膜厚の測定、角膜細胞密度の計測を行い、白内障手術、角膜移植手術等による角膜内皮細胞の変化を観察するために用います。

作動原理:光学部ユニット内のCCDカメラで撮影した前眼部像を制御基板で解析し、メカ部ユニットによりXYZ方向のアライメントを行います。アライメント終了後、フラッシュチューブを発行させ、角膜内皮細胞をスペキュラー光学系により撮影します。

機能:撮影、測定、記録、解析機能、表示機能、入出力機能(センター法又はフレックスセンター法)

仕様

販売名:コーナン スペキュラーマイクロスコープXⅢ

撮影方式:非接触式

撮影視野:0.24x0.4mm

  • 解析は:コーナン フルオートマチックセルアナリシスシステム KC4309

認証年月 平成27年3月

一般的名称 眼撮影装置用プログラム

概説

使用目的:眼撮影装置(コーナンスペキュラーマイクロスコープXⅢ)から得られた情報をコンピュータ処理し、処理後の情報を診断のために提供すること。

仕様:解析機能:ディジタイザー法(自動解析)入力した細胞の大きさより細胞の境界線を算出し面積当たりの細胞数(細胞密度)を求めます。

ガイドライン:角膜内皮障害は重症では水疱性角膜症となり角膜移植の適応となるが,そこに至るまでの軽症,中等症などを分類する重症度分類として一般に使用されているものはない.日本角膜学会ではワーキンググループを設置し,角膜内皮障害の重症度分類を作成した.
正常:角膜内皮細胞密度2,000 cells/mm2以上.
Grade 1:角膜内皮細胞密度 1,000 cel ls/mm2以上、2,000 cells/mm2未満.正常の角膜における生理機能を逸脱しつつある状態.
Grade 2:角膜内皮細胞密度 500 cells/mm2以上1,000cells/mm2未満.角膜の透明性を維持するうえで危険な状態.わずかな侵襲が引き金となって水疱性角膜症に至る可能性がある.
Grade 3:角膜内皮細胞密度 500 cells/mm2未満で角膜浮腫を伴っていない状態.
Grade 4:水疱性角膜症.角膜が浮腫とともに混濁した状態.(日眼会誌118:81-83,2014)

Categorised in: 白内障