お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年4月16日

11773:眼瞼・顔面けいれん友の会会報(27号)到着

待望の会報(2020年4月)が届きました。会員の方々、非会員の方々になお用を知っていただきたく、その概要を紹介いたします。Q&Aもリンクします。

〇「前向きに」大内典子 嵐で13回交流会が流れたが、11月に臨時交流会ができた。会の運営に加わるボランティア募集。

〇お困りの方に教えてください 目と心の健康相談室 理事長 荒川和子 相談室利用の流れを紹介してあります。一年の新規相談者は約100人で眼瞼痙攣と眼球使用困難症の患者さんが半数以上でした。

〇私の体験  平田初枝さん、メディカルチーム看護師としてカンボジアで活躍、その後フィリピンへ。その中で重症の眼瞼痙攣を発症。交流会で前向きな姿勢を与えられたと報告。(交流会での発表)

〇第13回交流会報告:概要と若倉及び清澤のコメントとアドバイス。アンケートでの発言集。

〇第17回例会への質問 (33質問すべてに清澤が答えを作成し採録)

〇あれから1年(友の会前代表)東海林雅子 2004年から動き出した患者友の会のボランティア医院を昨年離れ、資料を振り返り整理中とのこと。

〇HPへのメールについて:入会用にnyukai@gankenganmen.jp の新アドレス作成。意見や質問は従来通りtomonokai@gankenganmen.jp へ。ホームページ内容紹介も掲載されているそうです。

Categorised in: 眼瞼痙攣