お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年11月4日

10240:眼瞼痙攣質疑応答:ご希望、ご意見編(15回例会:質疑応答5)

5)ご希望、ご意見

Q:眼瞼けいれんを少しでも楽にする目のストレツチを教えて下さい。

 A;リッドハイジーン(瞼の清拭法)で目の周りを洗い、マッサージするのも良いでしょう。

Q:まぶしさのメカニズムを図解で教えていただけるとありがたいです。

A:図解ではなくて恐縮ですが、光覚の中継核である視床(外側膝状体)に対する側方からの抑制が効かず眩しく感ずるのでしよう。

Q:ベンゾジアゼビンに起因する薬剤性眼瞼けいれんについて、製薬会社への集団訴訟を提起した場合、症状の存在やベンゾ服薬と症状の因果関係を立証できるでしようか?

A:まず難しいと思います。

Q:今後このような催しは地方でもしていただけないでしょうか?東京まで行くことができません。

A:友の会の支部をその町にあなたがお作りになるということでしょうか?友の会事務局にそれに対する助言を求めることはできるかもしれません。おそらく友の会が、地方支部を積極的に作ることはないでしょう。待っていてもなかなか、そのような会は地方都市にはできてはこないと思います。関西の会員がそのあたりで集まって会合を開くということは聞いた気もします。このような会では、個人情報の保護が特に大切です。会で出会った人に自分が名乗らぬ限り、会ではその地域の会員名などを教えることも無いはずです。

Q:若倉先生のボトックス注射技術の後継者は育っているのでしょうか?

A:いると思います。

Q:残念ながら今回は欠席です。若倉先生のお話はぜひ伺いたいので、どうぞ会報に詳しく載せてください 。

A:載ることでしょう。

Q:この度老齢厚生年金の障害者特例が認定されました。辰巳先生より『 今回スムーズに進んだことは、本当に稀なこと、友の会、患者の皆さんの希望になります。』とのこと。辰巳先生、若倉院長はじめ友の会スタッフの皆様そしてご尽力くださる皆様のおかげ、感謝。

A: 大慶至極です。

関連ページです

1)顔面けいれんと手術:https://www.kiyosawa.or.jp/blepharospasm/47318.html

2)薬:https://www.kiyosawa.or.jp/blepharospasm/47374.html

3)ボトックス:https://www.kiyosawa.or.jp/blepharospasm/47387.html

4)その他 
https://www.kiyosawa.or.jp/blepharospasm/47374.html

5)ご希望、ご意見https://www.kiyosawa.or.jp/blepharospasm/47538.html

Categorised in: 眼瞼痙攣