お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年10月29日

10226:眼瞼痙攣質疑応答:ボトックス編(15回例会:質疑応答3)

15回例会:質疑応答3:ボトツ クス

Q:眼瞼けいれんも完治の方法はなくボトックス注射のみでしょうか?
A:第一選択はボトックスですが、遮光眼鏡、ドライアイ治療、抑肝散やリボトリールなど多くの治療法があります。しかし、決め手はないので、病気と折り合いを付けて生きてゆくという洞察も必要かと思います。

Q:眼瞼けいれんのボトックス注射は副作用が多いですが、薬品として未完成と考えますがどうでしょうか?
A:私はそうまで悪い薬とは感じてはおりません。薬はすべて副作用があるものです。逆に製剤に何らかの工夫を加えることでさらに副作用が減るとしたらどの部分を改変したいとお思いでしょうか?現在までに不純物が減らされ、薬剤耐性はできにくくなりました。製薬瓶も半分にしてもらい値段が基本半分になっています。あとは投与時の痛み対策でしょうか?効かない事には用量を増やして対応しましょうか?ドライアイは目を開じるのを抑えていますから、次回の用量減量で対応としましょうか?

Q:ボトツクスはもつと安くならないのでしょうか?ボトックス注射は長く続けると効果が薄くなりますか?
A:製薬会社は既存の薬剤販売の利益で製剤開発をしますから、社会が適正な利益を製薬会社に与えないと今後は新薬が世には出なくなります。最近の新薬開発費は高騰を続けていて、全く新しい薬の開発は世界的に停滞しているのが現状です。それでも、今のボトックス製品を作る特許が切れれば、後発品が出るはずですから、そのあたりに廉価化のカギはあるかもしれません。中国や韓国の別の類似品が安く日本に入ってくる可能性も今後はあるかもしれません。

Q:ボトツ クス注射を4ヶ月おきに7年ほどやっていますが眼痛が取れないので何かこのままでは生きているのもつらく、いい方法がないでしようか?
A:リリカなどの経口鎮痛薬の併用も考えられるかもしれませんが、残念ですが妙案はありません。

Q: 注射・手術・注射と15年ほど続いています。 この頃は注射の後2ヶ月ほど目が痛いのですが限界があるのでしょうか?
A:この眼痛というのも、もう一度角膜の痛みか?それ以外の痛みかなど落ち着いて考え直すべきかもしれません。摩擦を減らす、ムコスタを気長に使ってみる方法はあるかもしれません。

Q:ボトツクス注射の後、下垂の副作用ありますか?
A:まれに薬剤が上眼瞼挙筋に入るとおきます。それなら2ヶ月ほどで軽くなります。この合併症を避けるために、注射は上眼瞼の中央ヘの施注を避け、瞼の縁近くで瞼板の前の限られた部分に施注することになっています。

Q:最近はボトックス注射の効果を感じられないようになってきました。悩んでいます。(注射39回)
A:良くお続けになっています。一度休んでみて、瞼の開きが悪くなれば、その程度には効いていたのですね?ということはわかりますが。増量にも限度があります。

Q:ボトツクスを打っても、軽減されることはなく顔の症状も変わり年々ひどく重くなる感じがしています。
A:前の方と同じですね。私が抱え込むよりは、この分野に強い神経内科医に相談を出すこともあります。妙案があると思うわけではありませんが。今日の話題で言えば、DBS(脳深部刺激)などの適応も考慮しうるかもしれません。しかし新しい治療を受けることを考えるならば、そこには実験的側面も少なからずあることはご自覚ください 。

Q:ボトツクスを3年ほどしたが特に効果なく、次第にアレルギーで瞼が腫れ上がりやめました。薬もアーテンは副作用がきつくランドセンも効かず苦しんでいますが、どうしてこんな病気になるのか知りたいです。
A:眼瞼けいれんとアレルギーは全く別の事象です。まずアレルギーを起こす抗原を調べてみてはいかがでしようか?それを徹底的に避けて、アレルギーの刺激が減れば、けいれんも弱くなるかもしれませんので。

Q:現在2ヶ月に一回ボトックスの注射を打っていますが、(眼瞼けいれんの為)注射の効果がみられず、まぶたが閉じてしまい本当に困っています。注射の他に何か効果のあるものはないのでしょうか?泣きたく死にたくなります。
A:必要があって2ヶ月をわずかに超えた日で施注しているケースがあるのですが、それに対しても2ケ月ごとは頻度が多いという査定が、保険審査で入りそうな状況です。できれば2ケ月ごとでなくもう少しあけたいとも思います。眼輪筋切除など次の手も探しても良いのかもしれません。

以下関連項目へのリンクです

関連ページです

1)顔面けいれんと手術:https://www.kiyosawa.or.jp/blepharospasm/47318.html

2)薬:https://www.kiyosawa.or.jp/blepharospasm/47374.html

3)ボトックス:https://www.kiyosawa.or.jp/blepharospasm/47387.html

4)その他 
https://www.kiyosawa.or.jp/blepharospasm/47374.html

5)ご希望、ご意見https://www.kiyosawa.or.jp/blepharospasm/47538.html

Categorised in: 眼瞼痙攣