お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年9月19日

10119:日本ボツリヌス治療学会で今週金曜午後院長不在です

グラクソ・スミス・クライン社の後援を離れた、ボツリヌス治療学会も第5回目を迎えました。今週金曜日に第5回日本ボツリヌス治療学会がシェーンバッハ・サボーで行われます。演者の一人として招待を受け、私も4時過ぎからシンポジウム4で20分の講演を致します。このため今週金曜日午後の外来に私は出られず、この日だけはボトックス投与が出来ません。予約電話をくださる方にはお伝えしておりますが、ご注意ください。(このお話の内容は、来年春の眼瞼痙攣友の会でご披露したいと友の会世話人にお伝えしてあります。)

シンポジウム4 〔患者視点の治療戦略② 各診療科からみたボツリヌス治療〕

9月21日(金)16:05~18:00 第1会場 淀・信濃

[座長]有村公良 医療法人三州会 大勝病院 神経内科 ・梶龍兒 徳島大学大学院 医歯薬学研究部臨床神経科学分野

S4-1  眼科における患者視点のボツリヌス治療戦略 清澤源弘 清澤眼科医院

抄録:準備中

Categorised in: 眼瞼痙攣