お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年3月31日

9735:眼の病気&老眼が丸ごとわかる 2018週刊朝日MOOK

51bpIkOaFtL__SX365_BO1,204,203,200_特に高齢者に多い眼の病気にまつわる最新情報や治療法を盛り込んだ一冊。白内障、緑内障、加齢黄斑変性などの病気から、
老眼、眼精疲労、ドライアイなどの気になる症状までを網羅。
眼をよくする生活習慣についての正しい情報や老眼鏡の選び方も紹介。という本が出ていまして「眼瞼けいれん」の部分を私と松尾先生が担当してお話しています。下にその記事を引用しておきます。
ーーーー

眼が開けづらくなる病気、眼瞼けいれん
・まばたきがうまくできなくなる
・眼が開けずらくなる
・40代後半以降の女性に多い

眼瞼けいれんとは、まばたきが うまくできなくなり、眼を開けづ らくなる病気だ。その病名から、まぶたがピクピクする症状を連想する人も多いだろうが、そうした症状はあまり見られない。

清澤眼科医院院長の清澤源弘医 師はこう話す。 眼のしょばしょぼ感や痛み、ま ぶしいなどの訴えが多いです。まばたきがうまくできず、ドライアイと似た症状を起こすため、目薬をさしながらつらい症状を我慢している人もいます」

発症の原因は脳の異常と推測さ れているが、基本的には原因不明 の病気だ。患者数は10万人当たり1・2~13人と言われ、40代後半以降の女性に多いとされているが、診断されていない患者実数は相当数にのぼる。

左での自己診断リストをみてほしい。10項目中3項目以上が当てはまると、眼瞼けいれんの可能性 が高い。 眼瞼けいれんは、まぶたが開きにくい運動症状や、日の不快感やまぶしさといった感覚過敏のほか、これらの症状により起こるうつ症状を伴う病気です。放置すると症状は悪化していくため、早期に眼科を受診してください」(清澤医師) 現状、眼瞼けいれんを根本的に治す治療法はないが、症状を軽減する効果的な治療法がある。「ツリヌス毒素療法」と呼ばれるもので、眼瞼けいれんに対して健康保険が適用される唯一の治療だ。 食中毒の原因菌として知られる ボツリヌス菌が作り出す毒素には、神経に働いて筋肉の緊張を緩める作用があります。脳卒中後の手足硬直の改善目的や多汗症などの治療にも広く用いられています」(同)

このボツリヌス毒素を眼輪筋など眼の周囲の筋肉に注射すると、限を閉じる筋肉の緊張がやわらぎ、まぶたがスムーズに開くようになる。およそ9割の患者の症状軽減が期待できる。副作用として皮下出血や目の乾き、物が二重に見える複視などがあるが、いずれも頻度は低く、回復可能なものだ。

まぶたで眼が塞がっている最重症例や、ボツリヌス毒素療法の効果がない患者には形成外科医がおこなう手術という選択肢がある。標準的な手術方法としては、眼輪筋やす皺眉筋など縮んでいる筋肉を減量する手術が従来おこなわれてきた。「けいれんした筋肉を取り除くわけですが、困難例を多数施行してきた松尾形成外科・眼瞼クリニック院長の松尾清医師だ。近年、同医師が開発した患者への負担が少ない「ADM手術」という術式、が普及してきている。まぶたの内側にあり、眼の開閉に作用するミュラー筋という筋肉に着目して開発された手術だ。ミュラー筋センサーの感度が過剰に上がると、目の周囲の筋肉は反射的に収縮して、眼瞼けいれんを招きます。この状態は、麻酔作用を持つ目薬をまぶたの裏にさして、ミュラー筋センサーの感度を落とすと改善し、目が開くようになります」(松尾医師)ADM手術では、ミュラー筋センサーの感度を落としたうえで、まぶたを支える腱膜を固定する。手術をすると、ミュラー筋センサーを麻酔薬で麻痺させたときと同様の効果が持続する。手術の痕はほとんど目立たない。「まぶたのたるみをとる手術を加えることでさらに効果が得られる患者さんもいます。ADMでミュラー筋センサーの感度を下げると、ボツリヌス毒素療法の効果も上がります」(同)既存の筋肉を減量する手術もADMも、まぶたが上がりにくい眼瞼下垂があれば費用は4万5千円ほどだが、難度が高い手術だ。「手術を受けるならば慎重に施設を選びましょう。日本形成外科学会のホームページで認定施設、教育関連施設であることを確認し、専門医に施術してもらうことを勧めます」(同)
眼瞼けいれんの自己診断

—–
 目次

\最新医学で解き明かす/
●老化がまねく眼の3大病
●白内障
●緑内障
●加齢黄斑変性
 
\何が正しい? どれが根拠ない?/
●眼をよくする生活習慣ウソ?ホント? Q&
amp;A

\基本から最新情報まで/
●老眼のすべて

\私に似合う老眼鏡、見つかります! /
●最旬のリーディンググラス(老眼鏡)で楽しい毎日を楽しむ
●眼とほかの病気のカンケイ

\最新治療がわかる/
●専門医が直す眼の病気
糖尿病網膜症/網膜剥離/ドライアイ/眼瞼けいれん/ものもらい/結膜炎/翼状片
●眼精疲労はなぜ起きる
●眼の手術を受けるときどの病院を選ぶ?

\全国初! 眼専門の研究病院が誕生/
●ロービジョンケアとiPS治療が一つに

●COLUMN
〝スマホ老眼〟が増加 疲れ目の最大原因
加齢で涙があふれる? 涙目の原因と対策

—-

Categorised in: 眼瞼痙攣