お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年3月26日

9724:はがき質問と答  第15回例会用 第2部

はがき質問一覧 20183月第15回例会用

 

(3)薬

12.    眼瞼けいれんを発症して今年で6年目になります。症状が出始めてから約9ヶ月リボトリール0.5mg(2ヶ月)ソラナックス0.4mg(7ヶ月)ジェイゾロフト50mgを服用していました。しかし体調が悪くなるので自分の判断でやめてしまいました。やめた後、数日は体調不良が続きました。それが離脱症状だと後にわかりました。私の眼瞼けいれんは薬害でしょうか?今の症状は眼のまわりの筋肉の収縮、羞明、霧視、眼痛、頭痛があります。PMDAに申請を検討中ですが受診が必要ですか?:おそらく受理対象にはならないと思います。ありうる薬剤の作用さようだといわれるだろうと思います。

 

13.    ドライアイ治療で涙点プラグをつけた場合でもドライアイの目薬を使用しないとダメでしょうか?:使った方が楽ならお使いください。イーグルプラグは脱落しなければ、ずっと涙小点に残っていますが、コラーゲンは吸収されて無くなるのでの有効期限は2か月にすぎません。また入れ直すかどうかは患者さんが希望するかどうかによります。

 

14.    漢方薬を試しましたが、胃が弱いため中止しました。(抑肝散加陳皮半夏)だんだん眼を開いていることが苦痛ですが、ほかに効果のありそうな漢方はありますか?:私の知るところではありません。リボトリールや、アーテンも考慮しますが、そちらの方が副作用は強いかと思います。

 

15.    今、ネットで話題になっているアイアクト(アルジレリン)、これが眼瞼けいれんに塗る薬と言われていますが、効果はあるのでしょうか?:私(清澤)は、試してもいませんが、アルジレリンは眉間や目尻のしわ取りに使う塗り薬ということで、眼瞼痙攣に正式には試されてもいないのではないかと思います。私はお勧めしてはいません。若倉先生は皮膚を通過するかどうかがむつかしかろうと会場でお答えになりました。

 

16.    リボトリール朝昼2錠、アーテン朝1錠を毎日飲んでいます。神経系の薬なので、飲み方、飲む量が心配です。実際はどうなのでしょうか?薬害について教えてください。:私の直観ではこれは、多いように感じます。私ならば、リボトリールを2日に一錠程度にとどめたいです。リボトリールはこの疾患で減少して病気の原因になっているギャバAとベンゾジアゼピンに対する受容体を刺激する薬なので、その使用はその時には効果を持ちます。しかし、その多用はさらに脳の受容体密度を減らし、その後の病状を重くすると思うからです。しかし神経内科の先生はこれ以上の量の処方もしばしばしますから、主治医とご相談ください。

 

17.    デパスを飲み続けているのはやはり良くないのでしょうか?:もちろん長期的には眼瞼痙攣の病気を重くしているでしょう。

 

18.    治す薬の開発は進んでいるのですか?:新薬の話は、聞きません。リボトリールなどの用法容量は検討されてはいるでしょうが、それ自体が薬害(薬剤性眼瞼痙攣)の原因にもなる薬ですから、所詮はどの程度まで使えるか?というお話です。それにしても使える飲み薬の名前と用量には世界的に標準もなく、エビデンスのある治療法ではありません。日本では眼瞼痙攣への保健適用もないので、医師が神経症などと眼瞼痙攣以外の病名を無理やりつけて、その患者さんに有効であれば処方に加えているだけというのが現状です。薬剤性のジストニアに対する薬効を追加する動きのある薬剤が取り上げられています。――

 

19.    眉毛、その周辺が脂漏性皮膚炎になりリドメックスコウ軟膏を使用しています。眼瞼けいれんの症状に影響しますか?:影響はしないと思います。リドメックスはプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル製剤ですから、ステロイド薬です.かぶれに対して処方されたものと思われます。

 

 

(4)ボトックス

20.    眼瞼けいれんのボトックス注射は副作用が多いですが、薬品として未完成と考えますがどうでしょうか?:私はそうまで悪い薬とは感じては居りません。薬にはすべて副作用があるものです。逆に製剤に何らかの工夫を加えることでさらに副作
用が減るとしたらどの部分を改変したいと思いでしょうか?現在までに不純物が減らされ、薬剤耐性はできにくくなりました。また製薬瓶も半分の50単位にしてもらい値段が基本半分になっています。後は、投与時の痛み対策でしょうか?効かない事には容量を増やして対応しましょうか?ドライアイは目を閉じるのを抑えていますから、次回の用量減量で対応としましょうか?

 

21.    ボトックスはもっと安くならないのでしょうか?ボトックス注射は長く続けると効果が薄くなりますか?:製薬会社は既存の薬剤販売の利益で次の製剤開発をしますから、社会が適正な利益を製薬会社に与えないと今後は新薬が世には出なくなります。最近の新薬開発費は高騰を続けていて、全く新しい薬の開発は世界的に停滞しているのが現状です。それでも、今のボトックス製品を作る特許が切れれば、後発品が出るはずですから、そのあたりに廉価化のカギはあるかもしれません。中国や韓国ではの別の類似品がありますから、それらが治験を経て安く日本に入って来る可能性も今後はあるかもしれません。

 

22.    ボトックス注射を4ヶ月おきに7年ほどやっていますが眼痛が取れないので何かこのままでは生きているのもつらく、いい方法がないでしょうか?:リリカなどの経口鎮痛薬の併用も考えられるかもしれませんが、残念ですが妙案はありません。

 

23.    注射・手術・注射と15年ほど続いています。この頃は注射の後2ヶ月ほど目が痛いのですが限界があるのでしょうか?:この眼痛というのも、もう一度角膜の痛みか?それ以外の痛みかなど落ち着いて考え直すべきかもしれません。摩擦を減らす、ムコスタを気長に使ってみるという方法はあるかもしれません。

 

24.    ボトックス注射の後、眼瞼下垂の副作用はありますか?:まれに薬剤が上眼瞼挙筋に入ると下垂が起きます。それなら2か月ほどで軽くなります。この合併症を避けるために、注射は上眼瞼の中央への施注を避け、瞼の縁近くで瞼板の前の限られた部分に施注することになっています。

 

25     最近はボトックス注射の効果を感じられないようになってきました。悩んでいます。(注射計39回):良くお続けになっています。一度休んでみて、瞼の開きが悪くなれば、「その程度には効いていたのですね?」ということはわかりますが。投与量の増加にも限界があります。

 

26     ボトックスを打っても、軽減されることはなく顔の症状も変わり年々ひどく重くなる感じがしています。:25の方と同じですね。眼科医の私が抱え込むよりはと、この分野に強い神経内科医に相談を出すこともあります。妙案があると思うわけではありませんが。今日の話題で言えば、今後は、DBSなどの適応も考慮しうるかもしれません。しかし新しい治療を受けることを考えるならば、そこには実験的側面も少なからずあることはご自覚ください。

 

27     ボトックスを3年ほどしたが特に効果なく、次第にアレルギーで瞼が腫れ上がりやめました。薬もアーテンは副作用きつくランドセンも効かず苦しんでいます。どうしてこんな病気になるのか知りたいです。:眼瞼痙攣とアレルギーは全く別の事象です。まずアレルギーを起こす抗原を調べてみてはいかがでしょうか?それを徹底的に避けて、アレルギーの刺激が減れば、痙攣も弱くなるかもしれませんので。

28.    現在2ヶ月に一回ボトックスの注射を打っていますが、(眼瞼けいれんの為)注射の効果がみられず、まぶたが閉じてしまい本当に困っています。注射の他に何か効果のあるものはないのでしょうか?泣きたく死にたくなります。:必要があって2か月をわずかに超えた日で施注しているケースがあるのですが、それに対しても2か月ごとは頻度が多いという査定が、保健審査で入りそうな状況です。できれば、2か月ごとでなくもう少し開けたいとも思います。眼輪筋切除など次の手も探しても良いのかもしれません。

 

 

Categorised in: 眼瞼痙攣