お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年3月31日

7597:眼瞼痙攣友の会質問集 第4部:その他の質問

7597:眼瞼痙攣友の会質問集 第4部:その他の質問

4、その他の質問 (4月3日に回答を改定)

29) 個人差はあると思いますが、進行速度はどの程度のものですか?

答:進行3割、改善3割、不変4割。悪化速度は気が付かない程度の緩徐進行でしょう。

30) 進行している感じがするのですが、最悪どの程度までなるのでしょうか。また軽減した人や完治した人がいればその人の事例を紹介していただければと思います。

答:悪化して眼輪筋切除まで必要とするに至るケースはあります。症状が消える方に特有な特徴はありません。

31) フッと瞼が軽くなる事が多くなった。(3日くらい続く事も、10分で終わる事もある)希望をこめて、良くなる事はあるのでしょうか?あきらめてうまく付き合っていくしかないのでしょうか?

答:あきらめないで様々な本人の努力の発揮できる部分の治療を含め励んでください。

32) 「脳脊髄減少症」 眼瞼けいれんと関係あるのですか。テレビで(27/12)放送してました。

答:最近になって脳神経外科学会がその存在とブラッドパッチの保険診療を認めたことから注目を集めている疾患です。あの疾患は本当にあるのか?とずいぶん話題になった病気ですから、外傷後などでなければ、考えない方が良いでしょう。線維筋痛症とともに、患者を苦しめることになるから臨床医が付けるべきではない診断だといった神経内科医もいます。

33) 2/4の毎日新聞で呑気(ドンキ)症という病気の記事を読みました。眼瞼けいれんの患者がこの病気を併発した例はありますか?治療を手がける医師や病院なども教えて頂きたいのですが。

答:空気を飲み込み、げっぷやガス(おなら)が増えるというものかと思います。不随意な筋の動きが喉にもあるとすれば、有って悪いことは無いでしょうが、私の知る限り眼瞼痙攣へのその合併は聞いたことがありません。

34)眼を開けたまま寝てしまうことでの目の乾燥を予防する為、「目パッチ」が良いと聞いたのですが目パッチとは何ですか?

答:私はこの場合オフロキサシンゲル化点眼液などを処方しています。これは、つけるときは全くの液体で、体温相当に温まるとゲル化(ゼリー化)して乾燥を防いでくれるというものです。弱視の有る小児のアイパッチに使う粘着テープ付きの製品でも良いですし、かぶれなければ普通の紙ばんそうこうの幅の広いものを張って、閉瞼にしても良いでしょう。この質問は、そのようなものを想定しているのかもしれません。

35)メイジュ症候群です。重症化しています。無い物ねだりかもしれませんが、注射以外で何か緩和できる方法はないでしょうか。また舌、発声障害も出てきています。ボトックス注射をしてけいれんは止まっても口の中の症状は変りません。このまま進行していくのですか。

答:口のジストニアで口の中をかむのはとても、困ったことです。考えられる対策は、リボトリールなどの併用でしょうか?私はボトックスを顔までしか打ちませんので、場合に因っては、頭頸部のジストニアを治療する神経内科の先生に紹介することもあります。

36)病気になってから非常に声が出しづらくなって息が続かなくなりました。少しでも腹筋を強くしたいと詩吟を習っておりますが、あまり効果は無いように思います。どうしてなのか病気と関係があるのかを知りたいです。

答:咽頭の筋にはジストニアは無いでしょうか?声帯にボトックスを打つ治療が耳鼻科にあると聞いたことがあります。

37)フワ!としためまい、まぶしさ等がひどいのですがこの病気と関係がありますか?:

答:めまいは無関係かもしれません。めまいの専門家に相談しておきたいです。まぶしさは眼瞼痙攣にしばしば報告がある感覚症状の一つです。遮光眼鏡を処方したり、涙点プラグの挿入をしたりといったドライアイに対する点眼治療以上の治療法を考えましょう。

38)遮光(社交は誤字?)はレンズでない調光のサングラスを使っていますが遮光レンズに変えた方が目のためにはいいのですか?

答:変えても良いですが、変えなくてはいけないわけでもないでしょう。サングラスはあらゆる光の領域を、遮光レンズは眩しさを感ずる光の帯域を特に弱めるのが特徴です。

39)光の刺激に対する過敏反応(まぶしさ)を少しでもやわらげる医学的方法はありませんか。

答:遮光レンズを勧めます。

40)眼瞼けいれんの原因解明と根本治療に向けて私達患者は何処へどのような運動したら良いか教えて頂きたい。

答:まずはゲノム解析にご協力をお願いします。
 将来的には、米国の原発眼瞼痙攣研究財団が行っているように、この友の会でも研究テーマを公募して、優れた研究案に対して研究補助の資金を出せるようになると金額の多寡に依らず研究者には大きな励みとなるでしょう。
 例えば、遺伝子の全ゲノム解析には一人分の血液の分析に3万から5万円の分析料がかかると伺っています。600検体とすれば1800万円という多額の研究費が必要になるという事です。

41)新聞の字が見にくくなった。書く事もなかなかできない。目をつぶっている時間が長くなった。どのようにしたらよいでしょうか

答:まず眼鏡をしっかり合わせる。ドライアイに対する治療もしっかりと。そのほかできることを行いましょう。

42)半年前から目の下が時々ピクピクしているので、お伺いしたい。

答:典型例ならば、これはミオキミアミアでしょう。抑肝散加陳皮半夏、ドライアイ対策、眼精疲労の治療などを行えば2週くらいで消えるかと思います。止まらねばボトックスも考えます。

これで一通りのお答えを出しました。なにがしかお役に立てればと思っています。清澤
(2016,9,11 微修正)

Categorised in: 眼瞼痙攣