お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年3月5日

7540:生活の質に大きな影響が!まぶたの下がりに注意 監修記事紹介

みんなの健康ライブラリー 2016年3月1日(保健同人社から抜粋)

生活の質に大きな影響が!まぶたの下がりに注意
まぶたが下がって見えずらくなる「眼瞼下垂」。顔の印象を変えてしまい、ときにはメンタル面の不調の原因になるなど生活の質に影響を与えます。
監修 清澤源弘
(清澤眼科医院院長 東京医科歯科大学眼科学臨床教授)

まぶたが下がって開きにくくなる眼瞼下垂(がんけんかすい)は「まぶたが重く感じる」「視野が狭くなった」などを感じる以外にも、心身の健康に影響を与えることが有ります。日常生活のちょっとしたクセが原因になることもあるので、基本情報をチェックしておきましょう。

「眼瞼下垂」とは?
生活の質にも関わる「まぶたの下がり」ーーー
先天性と後天性に分かれる――

◎眼瞼下垂がもたらす様々な症状
*まぶたには多くの役割がある
*まぶたを持ち上げる2つの筋肉

◎最も多い症状は結合の緩みが引きおこす
*まぶたが下がる以外にも様々な自覚症状が
●目が痛む
●頭痛・肩こり

◎眼瞼下垂の原因と予防
毎日の小さな「いたわり」が大切
●眼はできるだけこすらない
●コンタクトレンズ装着時には
●モニターの位置

◎眼瞼下垂かなと思ったら

ーー以下続く

清澤のコメント:保健同人社からページに掲載されたという連絡を戴きました。紙媒体に出て居れば見るのでしょうけれど、ネットでは各保険組合のページからログインすると読めるらしいのです。何が書かれているのかも知らない人が、わざわざログインまでして見るかどうかは疑問に思いますけれど。

Categorised in: 眼瞼痙攣