お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

医療相談窓口

2021年4月23日

強度近視眼で後部硝子体剥離に伴うワイスリングに硝子体レーザー。硝子体混濁の自覚症状は?

あゆみさんからの質問

強度近視による後部硝子体剥離でワイスリングが出てワイスリングはみぎがわにたえずあって視線を動かさなければ外でも快適だったのですが、それがレーザーを打ってあちこちに飛び散り、かなりモヤモヤしたものが増えてしまい黒点や埃のようなもの、昼間や朝は全く外に出れないくらい酷い状態になってしまいました。
目の真前に半透明の膜もワイスリングと同時期くらいに出て、これらは硝子体手術でもマシにならないでしょうか?
また時間経過ではレーザーやった後はマシにならないでしょうか?
ひとつぽんとあったのがあちこちの距離感で立体的に動いてしまいひどい有り様です。
もし目の手前に見えてるものが硝子体膜の場合硝子体手術ではマシになりませんか?
水晶体近くの濁りは取れないと言われましたが水晶体近くにも濁りがあるようです。

清澤眼科医院の見解

あゆみさん 硝子体混濁は通常は加齢によって硝子体が水と分離してできるものですからその除去手術はしません。米国でレーザー光線を使ってこれを破砕するという手術が既に提唱され、国内でもこれを行う眼科が有るかもしれませんが、これは保険適応は無く、多くの眼科医が行っているものではないと思います。最初からある硝子体混濁(ワイスリングを含む)を硝子体手術でとるという事は状況によっては可能かもしれませんが、網膜剥離や網膜上膜などが視力や視覚の質を脅かすのでなければ、通常は眼科医は手を出しません。この濁りが気になって仕方が無いという事は、眼科的な側面だけではなくて心理的な問題も絡んできている様なので、術後の自然経過で、混濁が軽減することは多少は期待されるでしょう。水晶体近くの濁りは網膜には像を結ばぬので、自覚はできないはずです。受診可能なら相談に乗ります。