お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

医療相談窓口

2021年7月29日

緑内障術後の高眼圧?

habasit2001さんからの質問

 2020年12月19日付けの 質問 ②対する 先生の ご回答についいて 質問があります 初歩的なことかもしれませんが何卒 よろしくお願いいたします 質問者は 緑内障術後に前房穿刺を実施して・・・ 先生は  白内障の手術をした直後に眼圧が30くらい上がるときがあり・・・ とのご回答されてますが いずれの場合も 内圧の減少で創が離解し・・・ 状態になるのでしょうか 又患者が認識する出血は 飛蚊症 のような状態ですか 硝子体に迷入して見えなくなるという事は有りませんか ややこしい質問で申し訳ございません

清澤眼科医院の見解

habasit2001さん 緑内障述語でシャント経路が安定する前にいったん眼圧が30などという高い値を示すことが有り、それに対して前房穿刺でが夏を一時的に下げることが有ると言う事かと思います。24時間ほどしますと、多くの場合眼圧が安定します。
 前房出血の場合には、それが同行量までかかっていなければ、軽いぼやけ程度に感じるでしょう。同行から硝子体に向けて後方に出血が流入すれば、光の進路が阻まれるので曇りとして訴えるかと思います。網膜上で像を結ばない場合には雲のように感ずるのだと思います。
術後の曇りなどの個別の案件は、即刻主治医の先生にご相談ください。
術後に眼圧が上がる場合、強膜フラップを縫合した非吸収糸を外から針で切って、二―ドリングと言って水が通りやすくする処置をする場合もあるでしょう。