お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

医療相談窓口

2020年4月25日

甲状腺眼症?非特異的眼窩炎症?ドライアイ?

星逢さんからの質問

不安な中、この医療相談を見つけ質問をさせていただきます。 ずっと右目の見えづらさがあったのですが、このところ目の奥が痛く、目を動かすと痛みがありゴロゴロする時があります。さらに鏡を見たところ、まぶたが腫れ、下を見てみたらバセドウ病に顕著な白目の見える「グレーフェ兆候」と思えるものが出ていました。 バセドウ病らしい症状は、他にはありません。 父が甲状腺機能亢進症で、やはり片目の症状があり結果治りませんでした。 毎日症状が進行しないか不安ですが、現在この状況で受診もためらわれ、せめてもう少しコロナ禍が治まってから、専門眼科を受診したいと思っていますが、この目の様子で少し様子を見ても大丈夫でしょうか。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、アドバイスをお願いいたします。

清澤眼科医院の見解

星逢さん 甲状腺眼症が軽く起きている可能性はありますが、症状としてはドライアイなどによることが考えられます。眼球運動をヘスチャートで調べ、場合によってはMRIで外眼筋の肥大の有無を調べて、そのうえで甲状腺に対する抗体や甲状腺ホルモンの値などを採血で調べるという手順になります。ドライアイならば点眼治療か、涙点プラグを考慮します。複視があればプリズムの入った眼鏡も考えるでしょう。そうでもなければ、経過観察が主となります。ステロイド内服、手術や放射線照射の必要はないでしょう。コロナ騒ぎが終わってからでも手遅れではないと思いますので、一度神経眼科医にご相談ください。MRIで外眼筋に肥大があれば、非特異的眼窩炎症なども考えてみる対象に入ってきます。