お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

医療相談窓口

2019年7月19日

先天性鼻涙管閉塞について

あんさんからの質問

お忙しいところ失礼いたします。
現在、生後2か月の娘が先天性鼻涙管閉塞と涙嚢炎で点眼とマッサージで経過観察しております。

点眼はエコリシンを3週間続け眼脂が改善しましたので一旦中止しましたが、再度出始めたのでまたエコリシンを点眼し始めましたが今回は1週間しても眼脂が治まらず、現在はトスフロ0.3%を点眼して様子を見ています。

近医にて通水検査、細菌培養検査をしていただき、細菌培養検査は真菌もろもろ-でした。
こちらではブジーをしましょうか?と言っていただきましたが、一旦様子を見させていただくことにしました。

現在地方に住んでおりまして来月より関東の方へ移りますので、どちらで診ていただこうかと探しているなか、

清澤先生の先天性鼻涙管閉塞についての記事を拝見しご相談させていただいている次第です。

ご相談としては、
(1)一般的にはまず自然開通するのを待つという理解なのですが、涙嚢炎(鼻根部は赤く腫れておりませんので急性ではないのではないか…と素人目で考えておりますが)
を併発していても様子を見るものでしょうか?
(2)点眼もしばらく続けておりますが、副作用のリスクなどはどのようにお考えでしょうか。
(3)貴院では現在も先天性鼻涙管閉塞の患者を受け入れておいででしょうか。

よろしくお願いいたします。

清澤眼科医院の見解

あんさん ブジーを当医院で行うか、近隣の比較的大きな機関に頼むかはそろそろ決めて、いずれにしてもブジーは早急に行ってしまった方が良いように思います。
一歳を過ぎますと全身麻酔という話が出て来そうです。
お大事に