お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

医療相談窓口

2021年4月5日

ぶどう膜炎で茶目が薄いとはどういう意味?

habasit2001さんからの質問

2021-04-03 habasit2001 ぶどう膜炎に罹患し完治したのですが ステロイドの副作用で眼圧が上昇し 緑内障の専門医を受診した時に、右目の茶目がうすいと告知されたのですが。その時は、 特に何もしなくてもよいといわれました。その時は、眼圧を下げる事が緊急の事でしたので、特に気にしませんでした、 その後緑内障術後も経過良好で今にいたっているのですが、 やはり、茶目がうすいとはどういう事なのか、気になっていました 自分では ぶどう膜炎の炎症の為だと思ってますが 具体的には 茶目がうすいとはどういう事なのでしょうか、 よろしくお願いします

清澤眼科医院の見解

habasit2001さん ぶどう膜というのは前方から、虹彩、毛様体、脈絡膜の3つの成分があります。ぶどう膜炎はそれらが眼内で炎症を持つ疾患。ステロイドが投与されます。はっきりしませんが、幾つかの状況が考えられます。主治医にこの答えを見てもらい、正解を聞いてください。
①先ず虹彩炎のために虹彩に脱色が起きて、色が薄いくなっている可能性があります。ヘルペス感染症(虹彩炎)などでみられることがあります。これ自体は眼圧上昇とは無関係でしょう。
②虹彩炎(原田病など)で、病気の初期に毛様体の腫脹が起きて、その結果で虹彩が前方に押されて前房が浅くなって見えることが有るという話を聞いたことがあります。「前房が浅い」というのを「茶目が薄い」と説明したのかもしれません。
③お話によれば、眼圧上昇がステロイドによるものだったとしても、ステロイドの中断・漸減や点眼では眼圧を十分には抑えきれずに、前房水を結膜下に誘導する線維柱体切除術(またはミグスと呼ばれる前房水を逃がす新しい手術)がなされたのでしょうか?あるいは浅前房が強かったならば、虹彩切除術(またはレーザー虹彩切開)がなされたのかもしれません。眼圧が下がり、視野の欠損進行が止まっていればそれでよいので、その治療をお続けください。
④追記です:虹彩異色症:虹彩異色症は、色の変化です。この用語は、虹彩の色の違いを説明するために最もよく使用されます。虹彩異色症は、メラニン(色素)の生成、送達、および濃度によって決定されます。
複数の原因が考えられていますが虹彩異色症は人間ではまれであり、米国では20万人未満に影響を及ぼし、遺伝的多様性の欠如とは関連していません。影響を受けた眼は、色素脱失(高色素性)または色素脱失(低色素性)である可能性があります。ヒトでは、目のメラニン生成の増加は虹彩組織の過形成を示しますが、メラニンの欠如は形成不全を示します。