お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

医療相談窓口

2022年1月12日

「近見反応痙攣」

たけのこさんからの質問

私は中学三年生です。1年前からものが二重に見え、もうすぐで2年目です。 何軒も眼科に行って検査しましたが、よく分からず大学病院への紹介状を貰って新潟大学病院に行きました。発病してから半年でようやく「近見反応痙攣」と言われて分かりました。分かったのは中学2年の後半です。1度アトロピンをしましたが、副作用がでて一旦中止になりました。そして現在は受験生のためアトロピンも出来ず、寝る前に数時間だけ散眼する目薬を毎日しています。正直二重に見えたり三重に見えたりして勉強所ではなく死にたくなります。医者のところに行っても毎回目薬しか貰えません。「眼鏡で治りますか?」と聞いても「治らないだろうね~」と言われました。 治療法はないのでしょうか??アモバルビタールは中学生はできないのでしょうか??中二の頃に色々とあり、心因的問題なのかなと思いますがどの精神科も中学生は受け付けてくれません。 ご回答頂けたら幸いです。色々と変な文章になってしまってすみません。

清澤眼科医院の見解

たけのこさん 私の南砂清澤眼科での診療は終了しました。https://www.kiyosawa.or.jp/uncategorized/35788.html/ をご覧ください
①毛様体の緊張でレンズの厚さを変えて、近くにピントを合わせるのが調節、②外眼筋の働きで左右の目の内寄せを変えて左右の視線を合わせるのが輻輳です。この関連がマッチしないで複視を訴えるときにはまず目の調節力をアトロピンなどで奪って調節を麻痺させ、次に調節によって引き起こされる輻輳作用を抑えて、複視を抑えます。眼鏡としては遠見用と近見用の二つを組み合わせたものなどを作ります。(場合によってはプリズムを組み込む。)話はそういう事でアトロピンで調節麻痺を作り眼鏡作成ですが実際には容易ではありません。新潟大なら対応できましょうが、ネットで他医への紹介はできないので、「自由が丘」清澤眼科に来てくれれば、適切な医師への紹介は出せます。心理のカウンセリングも手配は別にできるでしょう。